動画投稿『Long Life』

Lyle Mays のアルバムは、2016年にNaxosから発売された1993年録音のライブアルバム"The Ludwigsburg Concert"を除けば、"Lyle Mays (1986)", "Street Dreams (1988)", "Fictionary (1993)", "Solo (2000)"の4つですが、このうちの最後の "Solo" に収録されている最後の曲が "Long Life" という曲です。
この曲については以前も譜面付きで記事にしました


本人が何を思ってこの曲を作曲し、このアルバムの最後に配置したのかは分かりませんが(ライナーノーツによると曲自体はこのアルバムの制作よりもずっと前からあったようです)、結果的に彼のスタジオ録音のアルバムの生涯最後の曲となったわけで、どうしても勝手な感慨に浸ってしまいます。


その Long Life という曲を、彼の訃報を知った翌日から数日かけて、自宅で弾きました。


2/7,8 リーダーライブの詳細

2020年2月7日、8日のリーダーライブの詳細です!



2/7(金)
@阿佐ヶ谷マンハッタン
1900open
2000start
¥2,300 (1ドリンク付き)
学割¥2,000

鈴木雄太郎(tp)
大友一樹(gt)
布施音人(pf)
佐藤潤一(ba)



2/8(土)
@東京倶楽部本郷店
1930open
2010start
¥1,900 (別途オーダー、テーブルチャージ等かかります)
当日¥300 up

大友一樹(gt)
布施音人(pf)
佐藤潤一(ba)

こちらは予約はこのページから行えます。
また、出演者にご連絡いただいても大丈夫です。



二日とも、オリジナル多め、また Pat Metheny や Lyle Mays 多めでお送りする予定です。内容も異なりますので、是非是非お越し下さい!よろしくお願いいたします!

1月の演奏予定

1月の演奏予定です。


1/11(土)
@代官山レザール
19時スタート
一町暢洋(as)
布施音人(pf)
千葉征央(b)
佐藤順(ds)
¥3,000(食事・ワイン飲み放題込)

アフターセッションもあります。是非お越し下さい!
イベントページは https://www.facebook.com/events/1272923779561647/ です。


1月はライブはこれのみとなっています。



高田馬場イントロでのセッションホストは

1/7(火)
Ba: 金森もとい

1/14(火)
Ba: 安田幸司

1/21(火)
Ba: 冨樫まこと

の3回です。どれも 18:30-24:00、¥1,000- となっています。




来月頭にはリーダーライブを行います。ほぼ一年ぶりです。
頑張って準備したいと思っていますので、是非是非お越し下さい!
詳細はまた後日別に記事にします。

2/6(金) @阿佐ヶ谷マンハッタン
鈴木雄太郎(tp)
大友一樹(gt)
佐藤潤一(b)
布施音人(pf)

2/7(土) @東京倶楽部本郷店
大友一樹(gt)
佐藤潤一(b)
布施音人(pf)

1年ぶりにリーダーライブをやります! - 2/7,8

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、昨年3月以来リーダーライブをお休みしていましたが、来月2月にほぼ1年ぶりにリーダーライブをやらせていただきます!


2/7(金)
@阿佐ヶ谷マンハッタン
鈴木雄太郎(tp)
大友一樹(gt)
佐藤潤一(ba)
布施音人(pf)

2/8(土)
@東京倶楽部本郷店
大友一樹(gt)
佐藤潤一(ba)
布施音人(pf)


共に時間帯は夜です。詳細決まりましたらまた追記します。詳細はこのページに書きました。

7日はスタンダード多め、8日はオリジナル多めでお送りする予定です。

お越しいただける方は私までご連絡くださいませ。SNS等のアカウントをご存じない方はメール(otohitofuse@gmail.com)でお願いいたします。


よろしくお願いいたします!!


↓今朝の初日の出の様子

動画投稿『Let Me Count the Ways』

Lyle Mays のソロアルバムに収録されている "Let Me Count the Ways" という曲を弾いたものを YouTube にアップロードしました。


原曲については以下の記事でも触れています。
https://otohitofusepiano.blogspot.com/2019/12/let-me-count-ways-lyle-mays-lead-sheet.html

5平均律と7平均律におけるドミナントモーションやコルトレーンチェンジ

最近、5平均律7平均律での完全五度や長三度の様子について考察した。
さて、「ドミナントモーション」を、根音が完全五度(周波数比が$2:3$の二音の間隔)下降するもの(四度進行)、という風に広く捉え、それを5平均律や7平均律で考えるとどうなるか見てみよう。

5平均律での完全五度は、音3つ分の隔たりであった(完全四度は音2つ分)。3と5は互いに素だから、$3,6,9,\dots$と3の倍数を考えていくと、$3 \times 5 = 15$で初めて15の倍数になる。すなわち、四度進行を5回行うと初めて元の位置に戻る。図にすると以下の通り(5平均律に現れる5音をドレミソラで代用した)。


また、7平均律での完全五度は、音4つ分の隔たりであった(完全四度は音3つ分)。この場合も、4と7は互いに素だから、四度進行を7回行って初めて元の位置に戻る。図にすると以下の通り(7平均律に現れる7音をドレミファソラシで代用した)。




ところで、以前、「元のオーダーとネガティブハーモニーの拡張」という記事で、12平均律での4度進行や、いわゆる「裏コード」による半音下降の進行などは、
同じ音程の移動を繰り返し行っていくと12回目で初めて元の位置に戻る
という特徴を持っているということに言及した。1や5や7や11は12と互いに素だということでもある。

このような意味では、5平均律も7平均律も12平均律も、ドミナントモーションは同じような性質、すなわち繰り返していくとすべての調を一度ずつ巡って元の位置に戻ってくるという性質を持っていることになる。


一方、そうではない(オーダーが12ではない)音程について考えると、状況は変わる。

例えば有名なコルトレーンチェンジは長三度離れた調へ移調することを繰り返すものだが、長三度は半音4つ分であり、4を3倍すると12になるから、長三度離れた調への移調は3回やるともう元の位置に戻ってしまう。
同様に、コルトレーンの「Central Park West」のような短三度転調だと4回で元の位置に戻る。
このように、12平均律では、同じ音程の関係にある調への転調を繰り返したとき、すべての調を一巡せず、12より少ない回数で元の位置に戻ってくるものがたくさん存在する。

しかし、5平均律や7平均律では、そのようなことは起こらない。5や7は素数だから、1,2,3,4はすべて5と互いに素だし、1,2,3,4,5,6はすべて7と互いに素だから、四度進行や「半音」進行に限らず、すべての音程が、「繰り返していくとすべての調を一度ずつ巡って元の位置に戻ってくる」という性質を持っている。


よって、12平均律の時には、これをドミナントモーションのような強い進行感を持った進行の特徴づけに用いることができるという仮説を立てることができたが、5平均律や7平均律ではそのようなことは言えない。

また、5平均律や7平均律では「移調の限られた旋法」「シンメトリカルスケール」を考えることもできないし、いわゆる「コルトレーンチェンジ」や「中心軸システム」を考えることもできない。

これは5,7だけでなく、13平均律や17平均律、19平均律など、"素数"平均律であればすべてに言えることである。

Santa Claus Is Comin' to Town / J. Fred Coots / Lead Sheet

日本語でも「サンタが街にやってくる」として有名な "Santa Claus Is Comin' to Town" のリードシートを作りました。


7平均律のメジャーコード

以前の記事で、5平均律ではメジャーコードとしてどのような音の集まりを選ぶのが妥当かについて書いた。ここでは同じ議論を7平均律について用いてみる。


$0, 1/7, 2/7, 3/7, 4/7, 5/7, 6/7$の中から、$\log_{2} 1.5 = 0.58496250\dots, \log_{2} 1.25 = 0.32192809\dots$に近いものをそれぞれ選びたい。

$4/7 = 0.571428571428\dots$であるから、$\log_{2} 1.5$には$4/7$が一番近い。また、5平均律のときは$3/5 = 0.6$を選んだから、これは純正な完全五度より広かったが、7平均律で$4/7$を選ぶと今度は純正なものより狭いということになる。また、誤差はこちらの方がわずかに小さい。

Let It Snow! / Jule Styne / Lead Sheet

よくクリスマスに合わせて演奏される Let It Snow! のリードシートを作りました。


"Just in Time"や"Guess I'll Hang My Tears Out to Dry"、"I Fall in Love Too Easily"の Jule Styne の作曲だとは知りませんでした。


この曲や、"Winter Wonderland" を始め、いわゆるクリスマスソングは、コード進行はとても単純で、メロディもキャッチーでありながら、他の古いスタンダードとどこか一線を画している気もして、クリスマスソングをクリスマスソングたらしめているものはなんだろうと不思議に思います。